骨粗しょう症は老化だけが原因じゃない?若くても安心できない理由

骨粗鬆症の患者は日本で1000万人いると言われ、主に女性がかかる病気として知られています。

そして女性の中でも、高齢女性がかかりやすい病気だと言われていますよね。

しかし、若い女性でも骨密度が高い方だと、リスクがあります。

 

骨粗しょう症は、骨量が減って、もろくなる状態のことで、少しの刺激で痛みや骨折を引き起こします。

骨量が低下する原因として、加齢があります。

また、運動不足や喫煙、過度のアルコール摂取やストレス、食事の方より、女性ホルモンのエストロゲンの減少があります。

骨粗しょう症患者の中で一番多い層は、60代以上の女性です。

でも、若い女性でも安心できません。

「骨粗しょう症予備軍」という、骨粗しょう症の危険度の高い女性も多いと言われているからです。

 

ある研究結果によると、20歳前後の女性の6人に1人は骨密度が低く、50代並みだという結果が出ています。

骨密度が低い人が増えており、骨粗しょう症予備軍が、低年齢層にも広がっているようです。

 

どうして、若いうちからそんなに骨密度が低下してしまうのでしょうか。

それには、現代人ならではの生活習慣が関係しているようです。

骨密度低下の要因として、若い女性の睡眠不足、運動不足、ストレスなどの生活習慣、お菓子やファストフード、インスタント食品の食べすぎ、野菜不足、やせすぎなどが挙げられます。

若い人達に広がる偏食や運動不足は心配な要因です。

通常、10代は骨をどんどん作っていく時期ですよね。

20代~40代は、一生のうち、骨量が一番多くなる時期です。

それを減らさないように維持していかないといけません。

その時期に、骨に必要なカルシウム摂取が不足していたり、極端なダイエットでホルモンバランスを崩していると、若くても骨粗しょう症予備軍になってしまうかもしれないのです。

 

将来、高齢になった時に、骨粗しょう症を発症してしまうリスクを減らすためには、若いうちから骨量をできるだけ多く貯えておかないといけません。

とくに、18歳未満でダイエットをしていると、閉経後に骨量が得に低くなることが分かっています。

一般的に、若いころに、骨量は最大になります。

これを最大骨量(ピークボーンマス)と言います。

加齢とともに骨量は減りますが、最大骨量が多いほど、骨粗しょう症になりにくいと言われています。

今のうちから、骨量を蓄えておいて、将来に備えておきたいですね。

また、若いうちでないと備えられないという見方もできます。

高齢になってから骨量を増やそうと、カルシウムを摂取しても、体に吸収されずにそのまま排出されてしまうと言われています。

若い時でないと、せっかく摂取した栄養を体内に取り込むことはできないのです。

ですから、「まだ骨粗しょう症対策なんて必要ないな」という今こそ、骨粗しょう症への備えを始めておくべきなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る