イソフラボンと納豆は骨粗しょう症予防になるの?

骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。

カルシウムは骨の基になる栄養素で、ビタミンDは、カルシウムの合成を促進してくれる栄養素だからです。

骨粗しょう症予防というと、まずこの2つを重点的に摂取している方も多いのではないでしょうか。

しかし、他にも骨粗しょう症予防をサポートする栄養素はいろいろあって、その中でも優秀候補はイソフラボン。

つまり豆類です。

日本人の食卓になじみの深いこの食材を食事に取り入れて、骨密度キープにいそしみましょう。

 

イソフラボンが骨粗しょう症予防に良いワケ

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが分かっています。

エストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出すのをおさえる役割を果たしています。

しかし更年期に当たる閉経前後は、エストロゲンの分泌量がぐんと減ってしまいます。

それに伴い、骨粗しょう症リスクも高まります。

そこで、イソフラボンを摂取してあげると、体内でエストロゲンとに働きをしてくれるので、骨密度キープに役立つのです。

イソフラボンは、豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。

 

納豆が骨粗しょう症予防に良いワケ

納豆にはイソフラボンが豊富に含まれているため、骨密度キープに役立ちます。

しかしこれとは別に、納豆には、そのネバネバ成分にもまた、骨密度を増やすはたらきがあるのです。

納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸には、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。

納豆を食べるときは、ポリグルタミンさんをたくさん出すために、よくかき混ぜて、ネバネバを増やすようにしましょう。

納豆にはこのほか、カルシウムも含まれているし、ビタミンK、もちろんイソフラボンもあり、栄養豊富な食品です。

 

骨粗しょう症を予防する食生活を考えるうえでぜひ注意したいのが、その食べ方。

たとえば、コラーゲンは骨を形成する栄養分なので、骨粗しょう症予防にはぜひ食べたいですが、しかしだからといって、コラーゲンを含む食品ばかり食べるのは感心しません。

なぜなら、コラーゲンを摂取しても、そのぶんがそのまま体内でコラーゲンになるわけではないからです。

コラーゲンは腸でアミノ酸に分解され、タンパク質の合成に利用されてから、その残りがコラーゲンに合成されるからです。

とればとるほどダイレクトに骨密度を増やす、というわけではないことに注意です。

 

また、骨の材料を摂取すればそれでオーケーというわけではないということにも意識しておかなければいけません。

骨の健康には、カルシウムやコラーゲンのほかに、ビタミンK、マグネシウム、亜鉛、タンパク質などの栄養素もかかわってきます。

幅広い栄養素を摂取することが大切です。

 

食事に加えて、運動もぜひ組み合わせたいです。

適度な運動はカルシウム定着を推進して、骨の強度を上げてくれます。

ストレスコントロールも、カルシウムを溜めるためにはぜひ実施していただきたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る