これだけじゃない!意外と知らない骨粗しょう症予防に効く栄養素

高齢の女性がかかりやすい病気のナンバーワンが骨粗しょう症。

原因は骨密度の低下で、これは若いうちにどれだけ骨密度を増やすための栄養を摂取して、ため込んでおけるかかかっています。

「まだ若いから骨粗しょう症なんて大丈夫」なんて思わないで。

高齢になってから、慌てて骨密度を増やそうと思っても、摂った栄養は体に吸収されずに排出されています。

栄養を吸収できる若いうちにこそ、対策を取っておかないといけないのです。

 

骨粗しょう症を予防する栄養素をきちんと取るために大切なのが、食生活です。

食生活が乱れていると、骨を形成するカルシウムが不足して、骨量が減ってしまいます。

またそれ以外にも、骨密度にかかわる栄養素、成分がありますから、これらをバランスよく摂取することが大切です。

骨をゲンキにする栄養素についてご紹介します。

 

★カルシウム

まずはこれ。1日に必要なカルシウム量は600㎎と言われています。

しかし現代の日本人にはやや足りないとも言えます。

そこで、骨粗しょう症の治療ガイドラインでは、1日800㎎の軽いカルシウム摂取を推奨しています。

カルシウムが豊富な食品は小魚、緑黄色野菜、海藻、大豆と大豆加工品、乳製品などですから、これらの食材を積極的に献立に取り入れたいです。

 

カルシウムの摂取量が減ると、骨粗しょう症の発症リスクが高まるのはもちろんですが、それ以外にも健康リスクが出てきます。

例えば、血液中のカルシウム不足は、副甲状腺ホルモンを分泌させます。

そして骨からカルシウムを溶かして補おうとしてしまうのです。

このときに、血液以外の細胞内にも、余分にカルシウムを取り込むので、体内のカルシウム濃度バランスが偏ってしまいます。

これが高血圧など、さまざまな生活習慣病の原因になってしまうのです。

 

★ビタミンD

カルシウム摂取の次に必要なのがこれです。

ビタミンDは、体内でのカルシウム吸収を助けるからです。

ビタミンDは白きくらげ、サケ、サンマ、イワシ、干しシイタケなどに豊富に含まれています。

サケやサンマ、イワシを食べれば、カルシウムとビタミンDの両方を摂ることができるのでありがたいですね。

日光に当たると、コレステロールを材料にして、体内でカルシウム合成してくれます。

屋外で日光浴することも、カルシウム摂取には良いのです。

ただしこの季節、紫外線が強いので、適度なUVカットは忘れないようにしましょう。

 

★コラーゲン

コラーゲンは骨を形成するたんぱく質の1つですから、これも必要。

コラーゲン繊維は骨と骨の間をつなぐ軟骨にも多く含まれています。

クッションとして働いています。

年配の方で、関節痛を抱えている、という方は多いです。

これは骨粗しょう症の他に、コラーゲン繊維が弱ってしまって、クッションの役割を果たせていないからです。

ダイレクトに関節の刺激が骨に伝わって、痛みを引き起こしている状態です。

コラーゲンは鶏肉の手羽先、カレイ、ふかひれに豊富に含まれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る