UVクリームが紫外線対策に万能ではないワケ?

紫外線の強い季節は、なんとなく、日差しの強い7月、8月というイメージがあります。

でも、4月、5月のほうが、紫外線が強いということを知っていましたか?

日差しがおだやかな春こそ、UVカットはきちんとしないといけないのです。

しみやしわの原因となる肌の奥までダメージを与えてしまう、UVA波は、4月~8月がフル稼働時期ですから、紫外線ケアは4月から開始しないといけませんよ。

 

そして、紫外線を気にするとなると、まず思いつくのがUVカットクリーム。

ドラッグストアでよく売っているあれですね。

お出かけ前に、お肌に塗布するやつです。

最近では、化粧下地とか、ファンデーションにもUVカット機能が入っているものがあるので、あえて「UVカットクリームケア」しなくても、自然とUVカット成分はお肌に塗布できています。

こういうのって便利ですね。

でも、出かける前に、UVカットクリームを塗っているのに、なぜかシミができてしまう、ということはありますよね。

もしも、UVカットクリームを塗っているのに、シミができているのだとしたら、日焼け止めの塗り方がなにかしら間違っているのかもしれません。

 

UVカット化粧品の使い間違いでよくあるのが、使用量を間違えている場合。

日本人女性のほとんどが、塗り方を間違えている、とも言われています!

UVカットクリームなどのパッケージに表示されているUVカット効果は、あくまで、そのUVカット化粧品を適量使った時の効果です。

足りていなければ、それよりも効果が低くなっています。

UVカットクリームに、使用料の目安が書かれています。

「だいたいこれくらいな」という目分量というか、感覚で塗ってしまうと、量を間違えてしまっているのかもしれません。

今一度、パッケージの量を確認してみましょう。

 

UVカット化粧品の使い間違いで、次によくあるのが、塗り方です。

最近では、のびがいいい日焼け止め化粧品が売られていますよね。

だから、薄く塗っても、全体に濡れてしまいます。

でも、伸ばしすぎてしまうと、かすれてしまうし、ムラになることもあります。

つまりうまくカットできる量を、まんべんなく濡れていない状態になっているおそれがあります。

UVカット化粧品は、ある程度の厚みがないと、期待されるUVカット効果を発揮できないと言われています。

薄く伸ばすのではなく、しっかりムラなくつけるようにしましょう。

「こんなにつけて、もったいないかな」くらいの勢いで塗ってしまいましょう。

シミやしわになったら、もっと高い化粧品を使う羽目になることを考えれば、もったいなくなんかありませんよ。

 

また、UVカットクリームは、汗やこすれなどで、簡単に効果を失ってしまうという性質もあります。

外にいるときもUVカットクリームを持ち歩いて、汗をかいたり、こすれたりしたら、その都度塗りなおすようにしましょう。

汗やこすれがなくても、2時間程度経過すると、効果が薄れてしまいますから、定期的な塗り直しは必須です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る