現代は内側からの紫外線対策がスタンダートに?!

紫外線の害でいやなのは、日焼けをしてしまったりすることももちろんですが、活性酸素を発生させて、しわやたるみも引き起こしてしまうということです。

もちろんしみのもとにもなります。

 

体の中から紫外線ケアをするときに、ぜひ活用したいのが、アスタキサンチンです。

アスタキサンチンは、ベータカロチンと同じカロテノイドの一種です。

赤い色をしている色素です。

エビ、カニ、サケ、タイなどに豊富に含まれています。

サケの卵のイクラにもたっぷり含まれています。

 

アスタキサンチンの何がすごいかと言って、ビタミンCの6000倍の力を持つ抗酸化作用があることです。

紫外線のダメージから、皮膚を守ってくれます。

しかし、私達の体内でアスタキサンチンを合成することはできません。

食べるなどしてから摂取しないといけません。

4月の紫外線対策のためにおすすめなのが、内と外からアスタキサンチンを摂取する、という方法です。

内側からはアスタキサンチンのサプリメントがおすすめ。

外側からはアスタキサンチンを配合した美容液で肌ケアをしましょう。

 

アスタキサンチンのサプリメントにはいろいろありますが、ドラッグストアなどで売られているアスタキサンチンのサプリメントはピンからキリまであるのが実情。

品質の高いアスタキサンチンを摂取できるのが理想です。

私が愛用しているのは、アスタキサンチンの開発研究と生産で世界ナンバーワンのアスタリール株式会社のから発売されるのサプリメントと美容液。

サプリメントは「アスタリールACT」、美容液は「アスタリズム」を使っています。

日本ではあまり耳慣れない名前ですが、美容界では注目されています。

日本で有名なのは、富士フィルムの美容化粧品ですよね。

これもOKです。

 

サプリメントの内服をすると、アスタキサンチンが皮膚の真皮まで達して、抗光老化作用をもたらしてくれます。

また、動脈硬化抑制作用、血液サラサラ作用もあったり、免疫力を向上させるなど、健康上にも良い影響をもたらしてくれます。

アンチエイジング成分としては、アスタキサンチン以上のものはありませんね。

内服では行き届かない表皮なら、美容液を直接お肌に塗布して補うのがいいですね。

 

アスタリールの美容液は、「ヘマトコッカス藻」という緑藻類の一種から抽出されています。

美容液は赤色をしています。

長期的使用により、シミ、シワを予防できます。

また、お肌のうるおいを保つ役割もはたしてくれます。

これは、アスタリールの臨床試験により確認されています。

また、アスタキサンチンパワーで、ほかのスキンケア化粧品の効果も高めてくれるんですよ。

 

紫外線ケアは、外からのケアと内側のケア、両方から、他方からやることで叶います。

ケアを1つだけやって安心ではなく、いろいろ試して、多方面から紫外線をカットできるようになりたいですね。

そして紫外線の強い季節を乗り切りましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る