外側からの対策は紫外線対策の基本です

4月はすでに、紫外線が強い時期に入っています。

日差しが穏やかだからって、安心してはいけませんよ。

しっかり紫外線対策しましょう。

体の外からの紫外線対策には、「防ぐ」「補う」「守る」の3つの対策が効果的です。

 

紫外線を防ぐ

UVケアには、いろいろなスキンケア化粧品がありますね。

代表的なのは、「UVクリーム」や「UVカットできるファンデーション」「UVカットできる下地」などの化粧品です。

お肌にとって、より危険度が高いのは、UVAのほうです。

UVAを守るために、注意したいのが、化粧品についている「PA」という表示。

PAには+~++++(プラス~フォープラス)までの4段階表示になっています。

一番高いのが++++です。

4月の紫外線対策には、これを使うのがおすすめ。

UVBからお肌を守るのは、「SPF」です。

日本で入手できるUVケア化粧品で、一番高いのはSPF50 です。

UVBを選ぶなら、4月は迷わずSPFをチョイスです。

 

注意点は、一度塗ったらそれで安心してはいけないということ。

PAの機能も、SPFの機能も、塗ってから炎天下に出て、汗をかいたり、衣服がこすれたりすると、効果を失ってしまいます。

こまめに塗り直しが必要です。

紫外線対策としては、UVカットクリームのほかに、日傘やサングラス、手袋なども組み合わせて使いましょう。

日傘や手袋は、遮光性の高いものが出ていますので、こうしたものをうまく活用したいです。

サングラスもかけておきたいですね。

サングラスをかけると、目を紫外線から守れるだけではなく、下瞼から頬の上にかけての紫外線もカットできます。

手袋は、知らないうちに日焼けしやすい手の甲がUVを浴びてしまうのを防いでくれます。

 

水分を補う

紫外線を浴びると、お肌は軽いやけど状態になります。

日頃から水分補給、つまり保湿はしておきたいです。

水分をとるには、日ごろから水を飲むということが一番簡単ですね。

あわせて、スキンケアによる保湿も、ダイレクトケアとしては有効です。

お肌がうるおっていると、ガード力が高まって、紫外線による害の他に、さまざまなトラブルからお肌を守ってくれます。

水分補給はこまめに行いたいです。

 

紫外線から守る

春から夏の紫外線ケアでぜひやっておきたいのが、「アスタキサンチン」によるガード。

アスタキサンチンはベータカロチンと同じ、カロテノイドの一種です。

赤い色素で、エビやカニなどの甲殻類、サケなどの魚類に多く含まれています。

アスタキサンチンは、ストレスに強い成分であるという特徴があります。

サケの卵であるイクラは、高いアスタキサンチンパワーが詰まっています。

川の浅瀬で産卵された直後からDNAが、紫外線が損傷されるのを防ぐために、パワフルな力があるのです。

だから、アスタキサンチンたっぷりのイクラを食べると、紫外線からお肌を守るのに役立ちます。

摂取すると、アスタキサンチンにより、光老化を防ぐことができるのです。

意識して摂取したいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る