これは使える!意外と知らない便利グッズで紫外線対策

紫外線ケアって、しないといけないけれど、めんどうですよね。

汗をかいたり、こすれたりしても、すぐ効果を失ってしまうので、その都度クリームを塗りなおさないといけません。

塗って、効果を持続できるのは2時間程度と言われています。

なにもなくても、2時間おきには塗りなおさないといけないのです。

 

これからの季節は、暖かくなってくるので、汗もかきやすくなります。

塗りなおす機会は、しっかりおさえておきたいです。

でも、そういわれると、面倒になってくるのが心情というもの。

そこでおすすめしたいのが、スプレータイプの日焼け止めです。

手を汚さずに、シューっとお肌にふきかけるだけで、簡単に塗りなおすことができるのです。

朝はしっかりと手で丁寧に塗るべきですが、外にいる時で、なかなかしっかり塗りなおす時間がとれないときは、手軽にできるUVカットとして、スプレータイプを使いましょう。

スプレータイプは体につける用のものが多いですが、顔に使えたり、髪に使えるものもあります。

全身くまなく使えるスプレーなら、カンタンで使いやすいですよね。

 

紫外線ケアに日焼け止めクリームを使うのはもちろんですが、それにプラスアルファとして、帽子や日傘もぜひ活用したいです。

いくらUVガードをしたとしても、外にさらしたままでは不安です。

そこで、布でガードすることで、物理的に紫外線の害からお肌を守るわけです。

 

帽子は使えるシーンが限られてしまうかもしれません。

帽子をかぶると、髪がペタンと変形してしまいますから、オフィスの通勤の時には使いづらいかもしれません。

そういうときは、日傘がいいですよ。

晴雨兼用の折りたたみ傘を持ち歩きましょう。

晴雨兼用の傘なら、普段は紫外線カット用にできるし、夏に多い夕立のときにも活躍します。

 

薄手のカーディガンを羽織る、というのも、日焼け対策としては有効です。

あわせて、これからオフィスで冷房がきつくなる時期ですから、防寒対策としても使えますね。

カーディガンは、春夏の紫外線対策に欠かせないアイテムです。

紫外線カット機能の付いているカーディガンも発売されています。

これなら、薄手のカーディガンでも安心ですね。

 

意外な盲点となりがちなのが、髪へのケアです。

髪は、お肌と違い、赤くなったり、シミができたりしないので、あまり気にしないことが多いかもしれません。

でも、体の中で、一番太陽に近い部分です。

特に頭頂部は、紫外線をモロに、正面から受け止めています。

それだけ、紫外線のダメージを受けやすいのです。

紫外線の強い状態でずっと屋外にいていると、髪がパサパサになるし、その下の頭皮が日焼けしたりすることが考えられます。

 

髪も、紫外線ダメージにより、乾燥しています。

髪の内部が乾燥すると、パサパサでツヤのない髪になってしまいます。

キューティクルがはがれ、枝毛、切れ毛の原因になります。

髪を紫外線のダメージから守るには、UVカット効果のあるトリートメントやオイルなどが有効です。

外に長時間いるようなときは、スプレータイプの日焼け止めをシューっと一吹きして、守ってあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る