眠ることが大切!美容と健康を維持する睡眠について

美容のことを考えるのなら、睡眠は大切。

しっかりとした眠りがあるからこそ、美肌はつくられるのです。

ヒトは、寝ている間に体を修復しています。

古くなった細胞を新しい細胞に置き換えたり、美肌をキープするために、疲れを解消したりしています。

だから、良質な睡眠がとれていないと、美肌をうまくつくれなくなります。

しっかり眠りたいですね。

睡眠の質を上げるには、スムーズに眠りに入れる誘眠効果のあるサプリがおすすめ。
緊張した体、高ぶった神経をしずめて、なめらかな眠りへと誘ってくれます。

おすすめの睡眠サプリ成分をご紹介します。

 

★テアニン

テアニンは、緑茶に含まれるうまみのもとになる、アミノ酸です。

リラックス効果があるので、摂取すると眠りに入りやすくなります。

うまみ成分の多い玉露には、たくさんのテアニンが含まれています。

でも、お茶には覚醒作用のあるカフェインもあります。

だから、眠れる成分を取りつつ、眠れなくなるというジレンマをかかえてしまうことも。

そんなときに、テアニンだけが含まれているサプリメントを利用すると、スッと眠りに入りやすくなります。

 

★レモンバーム

アロマテラピーに使うハーブとしても知られています。

別名をメリッサと言います。レモンバームには、精神の鎮静効果があります。

ハーブをそのまま摂取するのと同じく、サプリメントとして摂取しても、神経性不眠症の改善効果があるとされています。

 

★バレリアン

バレリアンは、ドイツの薬用植物評価委員会「コミッションE」で、不眠症や精神不安などを改善する効果があると認定されているハーブです。

寝付くまでの時間が短くなったり、睡眠の質が向上することが、研究により明らかになっています。

ただし、摂りすぎると頭痛、動悸などのトラブルを引き起こすおそれもあります。適量を上手に摂取することが大切です。

含まれている成分には、子宮を収縮させる作用もあるので、妊娠中は摂取を控えたいです。

 

リラックス効果の高いハーブは、それぞれを摂取するだけでも効果がありますが、組み合わせると相乗効果があることもわかっています。

たとえば、バレリアンとレモンハーブを組み合わせると、安眠効果が高まることが分かっています。

 

効果を高めるには、組み合わせて相乗効果を得る以外に、飲む時間を調整するという方法もあります。

安眠サプリの効果を最も高めるには、ベッドに入る1時間前くらいがおすすめ。

サプリを摂るだけではなく、朝起きたら朝の光を浴びて体内時計をリセットするとか、運動するなどして、朝の爽快感を得られるように工夫をすることも、そのあとの安眠をおしすすめてくれます。

 

美肌効果を高める睡眠のことを考えるのなら、寝る時間帯にも気をつけたいです。

夜10時~深夜2時までの時間帯が、一番成長ホルモンが出やすいと言われています。

毎日は難しくても、疲れている時は、早めにベッドに入って、しっかり成長ホルモンを出すように工夫してみましょう。

翌朝すっきり起きられます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る