知ってる?脂取り紙とテカリの関係について

春になって、気温がだんだん高くなると、顔のテカリが気になりますよね。

こういうとき、手軽なのは、あぶら取り紙で皮脂を取ってしまうこと。

でもこのあぶら取り紙、「使ったほうがいい」という意見と、「使ったらダメ」という意見の両方あって、どっちにしたらいいか、迷ってしまうことがありますよね。

「ダメ」という意見の根拠は、肌表面の皮脂をとると、さらに皮脂が出てきてしまうため、使わないほうがいい、ということになります。

 

油取り紙は皮脂を増やすのでしょうか。

これについては、賛否両論ですが、私は「使ったほうがいい」と思います。

浮いてきた皮脂をそのままにしておくほうが、酸化した皮脂が、お肌に悪影響を与えると思われます。

脂取り紙そのものがダメというのではなく、適切な方法で皮脂をとることが重要、ということですね。

使い方の問題です。

皮脂が浮き出てきたら、油取り紙で取るけれども、そのあと水分補給をすれば、皮脂が余計に増えるということはありません。

肌がテカるのは、皮脂が原因です。皮脂が皮脂腺というところから分泌されます。

皮脂の分泌量は、同じ顔の中でも、出やすいところと出にくいところで、差があります。体の部位によっても、出やすいところ、出にくいところがあります。

分泌には、女性ホルモン、ステロイドホルモンが関係しています。

皮脂は、毛穴から皮脂表面に浮いてきます。

そして皮膚表面と体毛に薄い膜を張ります。

これで、お肌や体毛を保護しています。

しかし同時にトラブルを引き起こすようにもなります。

出すぎてしまうと、皮脂分泌により、お肌のテカリが起きてしまいます。

それにつれて化粧崩れしにくくなります。

あまりにも皮脂が多いと、ニキビのもとにもなります。

ちなみに、汗腺と皮脂腺は違います。

汗はいくら出ても、肌のテカリは起きません。

メイクが水だけで落とすことができませんよね。

オイルを含んだ洗浄剤だとよく落ちます。

メイク崩れは、汗によるものではなく、皮脂により、引き起こされます。

だから、テカリをおさえようと思ったら、汗対策ではなく、皮脂対策のほうに重点を置くようにしましょう。

 

オイリー肌の方は、春夏は悩ましい季節です。

とくに、Tゾーンと呼ばれる眉の上、鼻筋の部分は皮脂が出やすいですよね。

皮脂が気になる方は、全体に塗るスキンケア化粧品は、さっぱりしたものがおすすめ。

皮脂の多い部分に、油分の多い化粧品を塗ると、毛穴の詰まりになりやすくなるからです。

皮脂が少なく、乾燥が気になる部分には、油分のある、保湿力の高いクリームを塗布してもOK。

全体にさっぱり感のあるスキンケア化粧品を塗布した後、乾燥している部分を重ね付けしましょう。

 

よく、皮脂は天然の保湿剤と言われますよね。

Tゾーンは油分が多い。ということは、クリームやオイルでわざわざ保湿する必要は無いのです。

皮脂で十分。

メイクについては、Tゾーンは油分の多い下地、ファンデーションは使わないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る