洗顔に関する考え方を変えてテカリを抑えよう

春になり、気温が温かくなってくると、嬉しくなってくると同時に気になるのが、お肌のテカリですね。

温かい季節は汗や皮脂の分泌が増えます。

それによってテカリを生み、メイクが崩れやすくなってしまいます。

べたつき、テカリをおさえるために、汗や皮脂対策はしっかりしたいもの。

でも、そのケアの方法が間違っていると、かえってテカリをすすめてしまうおそれがあるので要注意。

べたつき、テカリをおさえるためのケアが、逆にテカリを生んでしまうというありがちパターンを見てみましょう。

「しっかりケアしているつもりなのに、テカリがひどくなるばかり・・・」というお悩みがある方は、当てはまるものがあるかどうか確認してみて。

ケア方法を見直すところに、解決の糸口があるかもしれません。

 

テカリを生む間違ったスキンケア①洗顔のしすぎ

肌のべたつき、テカリは、気温や湿度が上がることにより、汗や皮脂が過剰に分泌されることで、引き起こされます。

べたつきやテカリをおさえよう思うと、「とりあえず洗っておこう」と思いますよね。

でもこれが、NGな場合があります。

 

汗や皮脂をできるだけオフしようとして、洗浄力の強い洗顔料でこまめに洗顔をしていたりしませんか?

これがテカリを生んでいる可能性があります。

お肌の乾燥を防ぐためには、適度な皮脂は必要なのです。

洗浄力の強い洗顔料で、何回も顔を洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

すると、お肌はこれ以上、水分を逃がさないために、皮脂をたくさん分泌してお肌を守ろうとしてしまいます。

すると、さらにテカってしまうのです。洗えば洗うほど、テカリがひどくなるという悪夢のような状態に。

 

テカリをおさえるには、朝と夜の1日2回の洗顔が、ベストな回数です。

お肌に刺激の少ない洗顔料をよく泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。

 

テカリを生む間違ったスキンケア②化粧水しかつけない

テカリが気になるときは、乳液やクリームをつけるのはちゅうちょしてしまいますよね。

もっとテカリがひどくなったらどうしよう・・・と心配になります。

そこで、春夏の間のスキンケアは、化粧水だけですます、という方がいます。

でもこれはNGですよ。

 

春夏の温かい季節でも、お肌を乾燥させる要素はいっぱいあります。

たとえば紫外線。たとえば部屋のクーラー。

こうしたものに触れていると、お肌の内部は、想像以上に乾燥しているのです。

美肌を保つには、水分と油分のバランスを整えることが大切です。

化粧水だけで終わらせてしまうと、そのあとフタがされないので、補った水分はすぐ蒸発してしまいます。

化粧水での水分補給のあとは、乳液やクリームでフタをするようにしましょう。

 

皮脂やテカリが気になるとしても、油分でフタをすることは必要です。

どうしてもベタつきが気になるようなら、皮脂分泌の激しいTゾーンだけを薄めにする(それでも、全く乳液をつけないのはNGです)などして、塗り方を調整してみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る