どうせやるなら成功させたい!レコーディングダイエットを成功させるコツ

このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。

ポイントは、「ウォーミングアップ」の期間を設けることです。

スタート時にあまりダッシュしてしまうと、あとから息が続きません。

ストレスが増え、ガマンを強いられるので、すぐ挫折してしまいます。

ウォーミングアップすると、ダイエットを続けるストレスを最小化できます。

 

毎日コツコツ、記録していくことで、自然と間食や食事の量が減っていくから不思議です。

記録を見ていると、「チョコ」とか「ラーメンと」とか「ポテチ」とかの記述が並んでいたりします。

そういうのを見ると、「これじゃあヤセられないなあ、止めてみよう」と思えるようになるのです。

食べ過ぎたら太る。当たり前のことですが、やっている時は、本人は気づきにくいものです。記録することで、初めて見えてきます。

 

レコーディングダイエットのもう1つのポイントは、体重や体脂肪を毎日チェックできるということです。

これが、服のサイズ、体形の変化について、気を配るようにさせてくれます。

レコーディングダイエット、それは意識と体の改革によりヤセを実現させることに尽きます。

 

ダイエットをしても、すぐ失敗してしまうということはありますよね。

この「失敗」というのは、「ヤセられない」ということではなく、「続けられない」ことにあるのだということを理解しておくことが、成功へのカギとなります。

この2つの違いを明確にしておくことにより、ダイエットを成功しやすくなるのです。

ダイエットというものは、続けられなければ意味がありません。

そのためには、楽しみながら継続できることが大切。

そのために、ダイエット環境をよく整備することです。

 

レコーディングダイエットは記録を付けるだけでも結構楽しいのですが、それをさらに楽しむコツがあります。

 

★100g単位で減っても喜んでみる

とにかく、朝晩体重計に乗ります。

毎日変動する体重を、記録してみます。

そうすると、少しずつでも減少していることが分かります。

キロ単位で減った、増えた、という風に考えているから、なかなか進まなくてイライラするのかも。

100g単位で減らすことを考えるようにすれば、もっとヤセたことを楽しめるようになります。

そして、それを続けることで、いつのまにかキロ単位でのダイエットが成功している、というのが理想ですね。

 

★食べ物をイラストで描いてみる

絵が好きな方なら、食事メニューをイラストに描いてみましょう。

コメントも添えてみるとなお楽しい。

イラストを交えながら記録していくと、字ばかりを書き連ねていくよりも、書いていて楽しいし、読み返しても楽しいですね。

毎日のレコーディングも苦になりません。

とくに、停滞期は見た目に楽しめるイラストつきレコーディングがおすすめですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る