怒った人が損をする|アンガー(怒り)について考えてみよう

アンガーマネジメントという言葉を耳にすることが多くなりました。

私たちの誰もが持っている「怒り」という感情をコントロールするためのものです。

怒りはネガティブなことだけではなく、社会をよい方向に変える原動力になったり、やりたいことを叶えるためのモチベーションのキープにも役立つものです。

でも、いつも「イライラする」「腹が立つ」と思ってばかりいると、その怒りの感情に心が支配されて、そのあとにマイナスの影響を与えてしまうこともありますね。

それに、怒りに振り回されるのはつらい状態です。

心が疲れてしまい、正常な状態に保てなくなります。

このことはきっと、人間関係にも影響を及ぼしてしまうはずです。

 

仕事をしていて、こんな「怒り」を感じたことはありませんか?

「どうして上司は私の考えを理解してくれないのか?」
「トラブルばかりでムカつく!」
「イライラさせる人が多いから仕事に集中できない!」

などなど。

このような怒りのマイナスの感情をコントロールするのが「アンガーマネジメント」です。

アンガーコントロールは1970年代にアメリカで始まった考え方です。

プライベートでもビジネスでも活用され、スポーツ業界や政治、教育の場面でも活用が広がっています。

怒りをコントロールできると、いろいろな場所でハッピーになれるのです。

 

アンガーマネジメントとはいっても、ただ怒りをガマンする、ということを意味しているわけではありません。

自分の怒りを理解することが、アンガーマネジメントです。

まず、自分が何に怒っているのか、何に対して怒りたくないのかを仕分けして、それを実行します。

そうすると、自分も含めて、周囲の人にも関係するあらゆることに良い影響を与えられるようになります。

 

こういうことって、難しそうですよね。なにしろ、怒っている最中というのは、冷静な判断能力が鈍っていますから、「冷静に仕分けなんてできるのか!?」と思ってしまうかもしれません。

でも、日頃から心がけをしておくことで、誰でもできるようになります。

怒りの感情をうまくマネジメントして、あなたの生活と仕事をストレスフリーに過ごせるように、まず心がけすることから始めてみましょう。

 

怒りの仕分けの前には、まず、怒りが生まれる「仕組み」を知ることが大切。

怒りの感情が突然爆発することを「キレる」と言ったりしますよね。

しかし、これは瞬間的に起きているのではなく、3つの段階を経ています。

この仕組みを知ることが大切です。

段階①できごとの発生
何かの出来事が起こったり、誰かが何かを言ったり、したりするようなシーン。

段階②できごとの認識
発生したできごとについて、自分なりに解釈している段階です。

段階③怒りの発生
解釈した結果、「許せん」「そんなのイヤだ」という結論に至り、怒りがわきあがってきます。

 

怒りの感情は、怒った出来事、誰かの言ったこと、やったことにより、自分が「イヤだ」という判断を下した時に、発生します。

これはつまり、怒りの感情が発生するのは「考え方の不一致」とも言えるかもしれません。

怒りの発生は他人がどうこうしたからというより、「自分がそれをどう解釈したか」にかかわってくるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-9

    偉そうなことを言う前にレコーディングダイエットを試したわたし

    ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。私はレコーディングダ…
  2. 2017-11-9

    書き出すことで知ることができるレコーディングダイエットおすすめの食事パターン

    レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー…
  3. 2017-11-9

    お腹がすいたら食べて良い?レコーディングダイエットの秘密

    レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるという…
  4. 2017-11-9

    思考と行動を制御するアンガーマネージメントについて

    アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。怒りというのは起きた最初の6秒…
  5. 2017-11-9

    イライラしやすい人のに聞いてもらいたいこと

    イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけ…

ピックアップ記事

  1. このようにして、レコーディングダイエットを1か月ほど続けていくと、無理なくヤセられるようになります。…
  2. アンガーマネジメントは、怒りを引き起こす3つの要素をコントロールすることで、果たすことができます。そ…
  3. 怒りの感情を上手くコントロールして、マネジメントすることができれば、怒りに振り回されずに生活すること…
  4. 骨粗しょう症予防は、美容にも関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いに…
  5. 骨粗しょう症予防というと、まず思いつくのがカルシウムとビタミンDの摂取。カルシウムは骨の基になる栄養…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る